【ライターY.Y】雑誌編集の経験をライティングに活かしたい!

【Y.Y】
雑誌編集として、現在5年程企画の立案・インタビュー・原稿作成・文字校正を行っています。インタビュー記事の作成もあり、インタビュイーの想いを聞き、原稿作成しています。文字校正も行っており、自分の原稿だけでなく、他ライターの執筆原稿もチェックしております。

簡単な自己紹介

得意なジャンル

パチンコ、パチスロ、スポーツ(特に野球)、ファッション、商品紹介、インタビュー記事の作成の経験があります。

アピールポイント

現職で雑誌編集の企画の立案、インタビュー、インタビュー記事、ファッション記事の作成といった一連の作業を行っておりますので、スケジューリングは事細かく立て実行しています。
編集をする上で、読者に「こんな情報がある」といった伝えたいことを念頭に置き、読者からの視点を持って取り組むことを心がけています。

半年ほど前まで、定期的に原稿作成の副業をしていた際には、納期に遅れたことはありません。また、自分自身で記事を振り返るなど、試行錯誤を繰り返し、よりよい記事を作成することを心がけております。
実績でいえば、WEBサイトにてプロ野球選手の紹介原稿を月に6本程作成しておりました。

多くのジャンルを経験したわけではありませんが、経験のないジャンルをご依頼いただいた場合でも、しっかりと予習をして記事作成に努める所存です。

私はこんなライターです

文章の特徴

読み手の事を考え、読みやすくてわかりやすい文章を書くことを意識しています。
結論を先に書き、それに付随した内容を書くようにしています。どのように工夫をすれば、多くの人に読んでもらえる記事になるか、わかりやすく内容を伝えることができるかを常に考え続けて文章を考えています。雑誌の編集経験だけでなく、副業をすることによって培われた幅広い文章力を、ライターとしての仕事にも活用し、良質な文章が作成できていると思います。

どんな仕事をしてきたか

現職の雑誌編集を5年ほど勤めています。企画の立案、インタビュー、インタビュー記事、ファッション記事の作成といった一連の作業をしております。また、カメラマンの手配や、撮影のスケジュールを組むことも行っており、円滑に事が運ぶよう努めています。
現在、係長として教育を担っており、他の従業員の記事の添削やページについて単に指摘するのではなく、コンセプトや編集の意向を丁寧に伝えた上で、個性を尊重することを重要視しております。

副業では、プロ野球選手の紹介記事、パチンコ・パチスロの機種紹介、オンラインカジノ紹介記事を作成していました。会社のHP用に社長、社員の方々にインタビューを行い、記事を作成した経験もあります。

執筆するときに意識、心がけていること

読み手の目線を意識し、何を伝えたいかをわかりやすく簡潔にまとめることよう執筆しています。文章内で似た表現や語尾になるべくならないようにもしています。
仕事をする上で納期を凄く意識し、計画的に進めるよう効率的に仕上げています。

対応可能な時間帯、稼働曜日

本業がありますので、月~日の週4~6時間ほどを活動時間に考えております。本業と副業の時間を区切り、締め切りをきちんと守って高品質な記事を目指す所存です。
ご連絡はいつでも可能で、チャットにも対応しますし、当日中にご返信するよう心がけています。

クライアント様に向けて伝えたいこと

こんな依頼を待ってます(PR)

経験のあるパチンコ・パチスロ、スポーツ(特に野球)ファッション、商品紹介、インタビュー記事はもちろん、未経験の案件でもしっかりと下調べを行い記事作成に努めます。
昨今の情報社会で、正しい情報をわかりやすく伝えるのもライターの伝え方だと思います。多くの人に分かりやすく情報を伝えたいという想いです。
私のこれまでの経験と知識を最大限活かし、全力でお仕事をさせていただきます。
ご一緒にお仕事できれば、嬉しい限りです。

個人的な趣味、好きな言葉

趣味は野球です。学生の頃から、現在も毎週末に草野球をしています。チームで戦い、勝利を目指す野球は大変魅力的です。プロ野球選手には特徴的な人が多く、その素晴らしさを1人でも多くの人に伝える記事を書きたいと思い、紹介文を作成していた経験があります。

好きな言葉は「一期一会」です。一生のうちに出会えるのは3万人ほどと言われているので、めぐり合わせは奇跡のようなもので新しい出会いには意味があり、大事にしないといけないと思います。

私の強み

私の強みは、協調性や柔軟性です。現職での編集作業を一連で行っている中で、円滑に事が運ぶように積極的な情報共有を促し、編集だけでなく様々な部署としっかりとした信頼関係を築くことができていると思います。
また、向上心を持ち雑誌作りに取り組んでいます。他の雑誌を参考にしたり、様々な媒体からヒントを得たり、周りの意見を取り入れるなど、毎号毎号より良い物を求め続けております。

執筆実績

ソフトバンク『柳田悠岐(ギータ)』反骨心をバネにトリプルスリーを達成した形跡を訪ねる。