【制作ディレクターが解説】情報の価値を高める!記事監修の重要性とメリットとは?

「記事内の情報にもっと信憑性を持たせたい…」
「専門性を高めて、他の記事と差をつけたい!」

さまざまな情報であふれている現在のインターネット社会。
法律や医学などの正しい情報が求められる専門分野では特に、少しでも間違った情報を発信すればSNSなどで炎上してしまうことも…

そこで、コンテンツ制作で重要視されるのが「記事の信憑性」。
ユーザーが欲しがっている情報に対して、正確で信頼できる情報を伝えるために専門家による監修記事は昨今のコンテンツ制作において必要な要素といえます。

そこでこの記事では、監修記事を制作する意味や、監修のメリットをお伝えいたします!

①なぜ記事監修を依頼するの?

そもそも記事監修とは、医師や弁護士、FPなど専門的な資格や知識を持った人物が、ライターが作成した記事を加筆修正する作業のこと。
記事の内容が事実に沿って書かれているか、またユーザーにとって有益な情報を伝えられているかをチェックします。

また有識者ならではの知見を記事に含ませることで、専門家ではないライターの方がネット上の情報を拾って書いたものと比べても、情報の独自性で大きく差をつけることができることが大きな魅力です。

②記事監修するメリット・重要性とは?

監修記事は、内容をチェックしてくれる専門家を探すという手間やコストが発生するものの、それ以上にこんなメリットがあります。

・内容に信憑性を担保できる
・記事にオリジナリティが生まれる
・メディアおよび専門家のブランド向上
・炎上、企業責任リスクの回避

有識者としての独自の知見を追加することで、正確な情報に基づいたオリジナリティのある記事を掲載することが可能になります。
正しい情報を伝えるメディアとしてのブランディングにも繋がるほか、記事には必ず監修者の名前や所属クリニックなどが表示されるので、専門家側の認知度向上やブランディングにも大きなメリットをもたらします。

また事前に誤った情報を除くことで、誤情報の掲載によるSNS等での炎上や掲載メディアとしての企業責任を負うリスクも回避することができます。

③記事監修が必要なジャンルとは?

記事の監修は、専門的な資格や知識、情報の信憑性が問われる専門的なジャンルにおいて、特に効果を発揮します。

・医師
・FP
・税理士
・弁護士
・宅建士

上記の他、専門家がいるようなニッチなジャンルで良質なWEBコンテンツを発信するためには、専門家による細かいチェックを行うことが重要となります。

④まとめ

記事のオリジナリティを担保し、ユーザーに信頼されるメディアとしてのブランド向上の役割を担う記事監修。
情報であふれている昨今のインターネット上において非常に重要な手段ではありますが、すべての記事において必ずしも必須というわけではありません。
「ユーザーが欲する情報に対して、正確で信頼できる情報」を特に伝えたい記事や、専門性が高い記事で、外部のプロに監修してもらうことが制作においても非常に効率の良い手段と言えます。

記事監修ならスタジオ・ウーフー!

スタジオ・ウーフーでは、多種多様な専門家(有資格者)が多数在籍しており、ニッチなジャンルの記事監修でもご依頼いただけます。FPや税理士、弁護士、宅建士、医師などの有資格者や現役の専門ライターによる執筆も可能です!

WEBコンテンツの情報にもっと信憑性を持たせたい方や、記事監修できる専門家をお探しの方はぜひお気軽にお問い合わせください。

↓ ↓ ↓ 弊社記事監修の詳細とお問い合わせはこちらから ↓ ↓ ↓
https://www.studio-woofoo.net/service/supervision