金融記事監修

最新の金融記事の監修もお任せ下さい。

商品のサービスページ、オウンドメディアにリリースする記事、お客様へのQ&Aなどなど…。金融商品を扱う記事には正確性が求められます。読み手に正しく・価値のある情報を提供するためには、専門家によるチェックが欠かせません。

事例紹介

某大手銀行が運営するサイトで、NISAの基本知識から活用例、また資産継承における相続のポイントまでをライターが執筆、ファイナンシャルプランナーが監修しました。
記事の方向性やペルソナ設定を綿密に打ち合わせ、執筆を開始する前に参考資料や導入~結論までを明らかにした構成案を作成。その段階で一度監修者がチェックすることで、情報の鮮度や正確性を確かなものとしてから執筆を開始することができ、決定稿のクオリティ向上にもつなげることができました。

制作上のポイント

金融機関にとって一番重要なのは「信頼がおけること」です。発信するコンテンツに、監修者の氏名と税理士・弁護士・ファイナンシャルプランナーなどの資格を明記することで、お客様の「信頼」を一定数確保できることは言うまでもないでしょう。
金融系の記事は、税制や投資・資産運用のトレンドなど、読者に有益な情報を与えるために専門性の高い最新の知識が必要です。単純な金融サービスの解説ではなく、その先にある実用的な活用方法を盛り込み、お客様に「優良なコンテンツ=優良な企業・機関」だと認識していただくためには専門家の監修が欠かせないと考えています。

監修者例


戸崎いずみ
みずほ信託銀行入行後、富裕層顧客の資産運用・継承相談業務に従事。
株式会社きんざい相談対応力調査にて全店3位。お客様声カード全店1位の満足回答数。
その後リクルート住まいカンパニーSUUMOカウンターの店長を務め、住宅相談業務を行う。
投資家向け経済情報サイトのサイト企画、最新トレンド記事の立案を経験し、現在は金融・住宅をメインに最新トレンドの執筆活動を行う。現在までに受けた資産運用・住まいの相談件数は1,000件を超える。

■保有資格
特別会員1種証券外務員、認定心理士、FP技能士2級、住宅ローンアドバイザー