法律記事監修

最新の法律記事の監修もお任せ下さい。

専門性が必要とされるコンテンツはいくつもありますが、監修者が入ることによりその信頼度は更に増していきます。記事の大小にかかわらず、専門性が薄すぎては読み手にとっては有益な情報にはなりえません。弁護士として活躍する現場での経験を活かすなど、経験と知識を最大限に活かす質の高い記事監修が可能です。記事によっては、複数の専門家をディレクターが選定することにより、様々な視点から記事を見直すことができます。

事例紹介

すでにメディアに掲載済みの法律家の監修がない大量の記事に対し、弁護士による監修を行い問題のある記事とない記事を精査、必要に応じてリライトしました。
ある程度の知見を有したライターが書いたものであっても、その信頼性が100%でなければ価値がないのが法律系の記事。それなりにコストは掛かったものの、不安もなく、価値の高い記事が作れてよかったと喜んでいただけました。

制作上のポイント

法律が関わる記事を作るなら専門家の監修の有無は大変重要です。記事の内容に誤りがあり、それを参考にしたユーザーが法を侵してしまったら大事に発展してしまいます。最悪、ユーザーに訴えられるなんていうことも!?
法律を解説する記事を書いて訴えられてしまったら本末転倒ですよね。デリケートな内容だけにユーザー側も専門家のチェックがされているのかどうかは気になるところ。法律家の監修はメリットを超えて必須とも言えるでしょう。

監修者例

弁護士Mさん
弁護士(法律事務所)
労働事件や障がい者の権利に関する問題に取り組むほか、さまざまな民事事件を取り扱っている。

【諸団体の活動】
神奈川県弁護士会高齢者・障害者の権利に関する委員会委員
日本弁護士連合会人権擁護委員会障害のある人に対する差別を禁止する法律に関する特別部会特別委嘱委員
NPO法人成年後見センターかけはし第三者評価委員

【著作】
「詳説 障害者雇用促進法」(執筆分担 弘文堂)
「Q&A 障害者差別解消法」(執筆分担 生活書院)