法律

FP

法律に関する原稿執筆は法律ライターにお任せください。

20,000名のライターネットワークの中から、法律に詳しいライターを選出し、特徴を理解した原稿をカスタマーに伝わりやすい文章で作成します。

また個人向けの記事だけでなく、専門家に向けたコラム記事も好評です。
法律の分野に強いライターが編集プロダクションstudio woofooにはそろっています。ターゲットやコンテンツの種類によって紹介するライターも変わってきますので、お気軽にご相談ください!

事例紹介:大手ネット大手出版社からの資格検定本執筆のご依頼

2008年当時、「エコ検定」が新たに創設されるということで、環境分野に詳しい執筆者を探している出版社様よりお問い合わせをいただきました。
弊社ネットワークより選出させていただいた方と面談を行い、実績、スケジュールなどで合意した執筆者をご提案できたことが検定本執筆の始まりとなります。

各種研究などの知見を基にした原稿執筆

当時、執筆者の方は大学の講師をなさっており、研究対象とエコ検定に関わる内容が一致したことで、すんなりとご執筆いただけました。
大変お忙しい方でしたのでスケジュール管理のサポートを行い、しっかりと期限を定めて執筆者、出版社の編集の担当とやり取りを行いました。

対応ジャンル

取材記事
メルマガ
法律ハウツー記事
法律ノウハウ記事

コンテンツ制作フロー

制作上のポイント

  • ヒアリングは原稿を制作する上でもっとも重要となるポイントです。
    「ターゲットは誰か?」「ブランドイメージ」「記事制作の目的」など、ヒアリング時にはなるべく具体的にお答えください。
    こうした打ち合わせを通じて方向性をしっかりと定めることが、よりよい記事を制作することにつながります。
    また、方針が固まることにより掲載先に合った記事やコンテンツが制作できます。
  • 納品後は、完成記事についてヒアリングさせていただき、記事についてのフィードバックを行っていただきます。
    このように次回分の記事制作に向けて微調整を繰り返していくことで、ご依頼のイメージにぴったりと合った記事制作が可能となります。

Pick up ライター

 

某有名資格試験予備校において公務員受験講座の民法、論作文等を8年間担当。
その後弁護士として活動するなか、ライターとして法律知識を活かした執筆を行う。

実績
・某オウンドメディアにおける法律関連記事の執筆
・裁判員裁判に関する書籍執筆

制作上のポイント

新しい検定の創設ということで、当初執筆可能な方が本当にいるのか?という点からスタートしましたが、 弊社の20,000名を超えるライターリストより複数名候補者が見つかり、すぐに解消されました。

約3か月に亘るプロジェクト、原稿執筆量も非常にボリュームの多い中、 スケジュールマネージメントを徹底し、執筆者と編集者とのやり取りを弊社ですべて請け負いました。原稿執筆の時間、確認の時間をとれるよう配慮し、無事に刊行させていただきました。

専門ライター一覧

studio woofoo 所属の専門ライターが、コンテンツ原稿の作成や取材・インタビュー原稿、メルマガの原稿を制作します。