NEWS

ニュース

ビジネスパーソンに新しい価値を提供。「typeメンバーズパーク」でじわりとブランド浸透を狙う!

企業のメディア戦略は、情報提供方法の多様化とSNSの爆発的な広がりを受けて、日々進歩を遂げていく必要があります。 中途採用を中心とした就職活動支援サービス、企業の採用活動の総合的なサポートを提供する株式会社キャリアデザインセンターさまは、2016年10月、メインブランド名の「type」 を冠した情報サイト「typeメンバーズパーク」を新たに立ち上げました。 今回は、同サイトの運営を行う同社メディアARP推進局typeメンバーズ企画課の秋元祐香里さまに、サイトの狙いやコンテンツの作り方の肝をお伺いしました!

ビジネスパーソン向けの新サイト「typeメンバーズパーク」開設

――サイト立ち上げの背景と、展開しているコンテンツの詳細について教えてください弊社は中途採用をメインとした人材サービスを提供していますが、実際に転職を考えている人はビジネスパーソン全体から見るとごく一部です。そこで、転職にはまだ踏み切れないものの、「今の仕事に何となく不満を感じている」「自分の働き方の、どこが問題なのか分からない」といった、漠然とした問題意識や不安を抱えている方々にも、何か新しい価値を提供できないか、と考えました。そこで生まれたのが、「typeメンバーズパーク」です。 「typeメンバーズパーク」では、動画、イベント、本、マンガ・アンケートという4種類のコンテンツを展開しています。これらのコンテンツを通じてキャリアに関するさまざまな情報を発信することで、ユーザーの方が「自分自身のキャリア」について考えるきっか け作りができればと思っています。

仕事の悩みに対する堅いイメージを払拭するため、漫画コンテンツを展開

――それぞれのコンテンツについて、詳しく教えていただけますか?動画は、ビジネスパーソンが今後のキャリアを考える時に役立つ基礎知識や、仕事ノウハウを分かりやすく紹介するものです。20分ほどの見応えのあるキャリア講座から、座談会やクイズなど楽しみながら観られるものまで、豊富なバリエーションで配信しています。イベントについては、単なるセミナーではなく、ワークショップなどを通じて仲間を見つけることができる「リアルイベント」にこだわっており、「エンジニアtype」「営業type」「type就活」といった弊社の各種サービスとコラボして開催中です。 本のコーナーでは、「おすすめ選書記事」で今読むべき本をご紹介している他、本を読む時間がないという方に向けて「1冊10分で読める本の要約」などもご用意しています。「typeメンバーズパーク」限定のクーポンもあるので、お得に電子書籍を購入することも可能です。マンガは、当サイトで実施しているアンケートの結果を題材として、リアルなエピソードをオリジナルWebマンガとして楽しんでいただくものです。――秋元さまは、どのような役割を担っているのでしょうか?動画とマンガ・アンケートのコンテンツ企画を主に担当しています。動画については企画、キャスティング、撮影への同行を、マンガに関しては元ネタとなるアンケートの作成から実施、結果集計を行っています。 昨年10月のサイトリリース以来、会員数も順調に増えてきていますので、より充実した内容にするために、既存コンテンツの見直しも行っていきたいですね。

Webマンガ制作のサポートを編集プロダクション studio woofooに依頼

https://members.type.jp/comic/21/――どのような経緯で、お問い合わせいただいたのですか?最初は自分たちで直接マンガ家さんに依頼しようと考えたのですが、マンガ連載のディレクション経験もなく、かなり苦戦しました。「キャリア」という堅い印象を持たれがちなテーマに対し、肩の力を抜いて楽しんでいただけるようなコンテンツとしてマンガは重要な役割を担うと考えていたので、マンガに関する知見をお持ちの会社にご協力いただいて良いコンテンツを作りたい、と考えて、studio woofooさまに依頼いたしました。――ご依頼をいただいた内容は?クリエイターをご紹介いただき、「typeメンバーズパーク」で行っているアンケートを元ネタとした連載マンガを作成していただくというものでした。3名のクリエイターをご紹介いただきましたが、それぞれ個性が強く、三者三様の作風でマンガコンテンツを盛り上げていただきました。さまざまな好みを持つ方にアプローチすることができたのではないかと感じています。――制作過程でのやりとりはいかがでしたか?まず、迅速に動いてもらえたことがありがたかったです。元ネタとなるアンケート結果をお送りしてから納品までのやり取りが非常にスムーズに進みました。直接クリエイターに言いづらいことも、こちらの気持ちを汲み取って柔軟に伝えていただいていたようで、その分、担当の方とは本音で話すことができたのが有難かったです。作品についても、クリエイター同士でマンガの内容が被ることもなく、また「typeメンバーズパーク」の主旨から外れることもなく、想像以上のものを作成していただきました。同じ担当の方がまとめて管理をしてくださっているからこそ、だと思いますが、非常に助かりました。――作品に対する反応はいかがでしたか?Twitter や Facebook でマンガの更新情報を流すと、反応がすごく良かったです!最新作以外の閲覧は会員限定なので、「前作が読みたい!」という理由で新たに登録をいただくケースも多く見られます。――運用について、ご要望はありますか?マンガ制作のサポートについては、何も問題はなく、言語化できない部分でも私たちの意図を汲んでくださるので非常にやりやすかったです。単なる発注主と業者という関係ではなくて、「typeメンバーズパーク」のことを親身に考えてもらえる仲間として仕事ができたと実感しています! 今後また機会があれば、このマンガを活用したマーケティングや、どうやってバズらせていくのか、といったアイデアをもらえたら嬉しいなと思います。――最後に、「typeメンバーズパーク」を運営するやりがいをお聞かせください「typeメンバーズパーク」のゴールは、決して「転職への後押し」だけではありません。キャリアに対して課題を感じている方が、「転職する」「今の会社でもう少し頑張る」「副業してみる」など、自分なりの答えを見つけていただければ良いのです。こうしたコンセプトで運営しているサイトなので、「ユーザーさまのこと」だけを考えてサイトを作ることができるのが、私にとってやりがいとなっています。 そしてその先に、「type」というブランドのファンになっていただくことができたら、将来的に転職という選択をする時に弊社のサービスをぜひ利用していただければと考えています。   取材へのご協力、ありがとうございました。 ご依頼先と同じ立場に立って制作を進めることはなかなか難しいのですが、お客さまに寄り添いながら積極的に意見を交換し、より良いものを作り出していければと思います。 今後ますます「typeメンバーズパーク」が充実していくことを期待しています!]]

>