【第 1 回】クリエイター交流会が開催されました

Written by 

まじり交わりめぐり巡る

こんにちは。編集部の坂本です。

5月25日(木)、渋谷にある本社のセルリアンタワー内カフェスペース「ユアーズ」にて、GMOクリエイターズネットワーク初となるクリエイター交流会を開催しました!その興奮と感動を伝えるべくレポートをお届けします。

社名にクリエイターズネットワークと銘打っていますが、実際のところはメールや電話でのコミュニケーションが大半で、僕たち編集者がライターさんやカメラマンさんと顔を合わせる機会はそれほど多くありません。ということもあり、今回の開催は社員一同、かなり緊張の一大イベントとなりました。

待望の第1回

何より“クリエイターズネットワーク”という社名なだけに第1回という衝撃の事実を公表していいのか迷いに迷い(僕の中だけで)、第37回とか書いた方がいいんじゃないの…?とも思いましたが、昨今Web界隈では正しくない情報にはきついお仕置きが待っているため、観念して初回であることを公表することにしました。

弊社には登録してくれているライターさん、カメラマンさんはたくさんいますが、住まいも全国各地に散らばっているため、交流会をやったところで2人くらいしか来ないんじゃないかという恐怖感もありました。

クリエイターさん2人に対して、スタッフ8人…。万が一、そんなことになったら広い会場でやるのも恥ずかしいじゃないですか。もう居酒屋で飲んだ方がいいわけで。そんな恐怖を押し殺して、期待を胸に広い会場を確保!クリエイターのみなさんに恐る恐る招待メールを送らせていただきました。

テーブルに置かれたおやつ。アットホーム感を前面に!

まさかの参加率

するとなんということでしょう。
メールを送らせていただいたクリエイターさんたちから続々と参加してくださるという声が!すごい!このままじゃ入りきらないんじゃないですかね?どうしようかな、と言っている間に参加希望のメールの勢いは止まり、結果ものすごくちょうどいい感じになりました。(ちなみに登録してくださっている方全員にメールを送って、もし参加率が100%だと2万人くらい来ちゃうので、今回は編集部で選定させていただきました)

ちょうどいい感じの空間。誰もフライングしておやつを食べない大人ぶり

交流会の目的と交流会に対するスタッフの想い

今回の交流会にはひとつの目的がありました。ズバリ……「交流」です!

すいません、当たり前ですね。
ただ、僕たちスタッフにとっては当たり前ではありませんでした。日々、大量の案件を担当させていただく中で、クリエイターのみなさまに助けていただいた経験は一度や二度ではおさまるところではありません。

極端な短納期も、ものすごく遠い場所の取材も、繰り返される修正の嵐のときでも、普通なら「できない」で終わるところ、笑って「やりますよ」「気軽にお申し付けください」と言ってくださるみなさんがいました。本当に助かりました。
電話で、メールで、みなさんとやりとりをするとき、いつかお顔を合わせ、目を見てお礼が言いたい。そう思ってきました。
だからこの交流会は編集部としてだけでなく、会社としてずっとやりたかったこと。にもかかわらず、忙しい忙しいとなかなか手をつけられなかった、⻑いあいだ気になっていた大きな課題でした。



中には遠く広島から足を運んでくれたライターさんもいました!笑顔の素敵な方ばかり。

僕たちにとって、みなさんと名刺を交換し、得意なジャンル(中には予想外な方も!)をヒアリング出来たことは大きな収穫です。でもそれ以上に、このひとはこんな表情をして話したり笑ったりするんだ!ということが分かったことが、一番の収穫だったと思います。
だって、クライアントに胸を張って言えるじゃないですか、感じのいい方だから、選定したんです!大丈夫です!って。

今後の話

またやってください。そんな言葉をたくさんいただきました。
うれしいです。僕たちもまたやりたいです。いえ、必ずやります!

弊社が運営するライター登録サイト「woofoo.net」が交流会の当日である5月25日にリニューアルオープンしました。今まで煩雑だった案件応募もワンクリックで出来るようになったり、クライアントからこのライターさんと仕事がしたい、と指名を受けられるようなシステムになったりと、便利な機能が追加されていく予定です。

クリエイターズネットワークはどんどん拡がっていきます。
爆発的にではないかもしれないけれど、ゆっくり、じっくり、着実に。
これからもたくさんのクリエイターさんたちとお仕事を通じて広がっていきたいです。
そしていつか、僕がズルをしないでも第37回の交流会が開かれる頃には、全てのクリエイターさんと「初めまして!」ではなく「久しぶり!」と言えるようになっていたらいいなと思います。

以上、大成功の交流会レポートでした!